gaju

imatocaco.exblog.jp
ブログトップ
2015年 04月 07日

Nespresso タイムカプセルジャーニー。たくさんのご来場、ありがとうございました。



Nespresso
タイムカプセルジャーニー

終了いたしました。

たくさんのご来場
こころから感謝申し上げます☆



title:  クレマの誘い(いざな)い


                      
 もったり、きめ細やかなクレマが誘う。(いざな)う。

テロワールを耕し、実りを祈る男達の頭には、日に焼けたオレンジ色のターバン。
無数の積み上げられた豆の山から、一粒一粒選別する女達の指先の繊細な営み。


このカプセルには人々の計り知れない情熱と、悠久の時が凝縮されている。


 芳醇な香りは舌の奥から心身に開放され、どんなに踏ん張ったって、
次の私へ一瞬で持ってかれてしまうほどに酔いしれてしまう。

宇宙のような唯一無二の時空の始まり。


セミナーの朝、土を混ぜたような赤色のワンピースを選んだ私は、
その日、初めて目にし手に触れた熟したコーヒーの赤い実に...
会えることのなかった、戦前、コーヒーを売っていた祖父の導きを感じた。

                              gaju


c0324706_19472412.jpg
高さ80×幅86×奥行86cm
約20kg


今回の作品は、
わたしにとって、造業初めての
あっという間の出来事のような気がします。

あっという間の
あっと!という
とても、がむしゃらに
とても、濃厚な
あっ!という間の長い長い時の組み合わせでした。

今回の作品は
Nespressoさんの23種類のグラン・グリュを
力強さ、バランス、フルーティーの3つのカテゴリーに分けて

3人のアーティストが各エスプレッソからのインスピレーションのもと
オブジェを制作し、会場のカテゴリーゾーンに演出される

といったものでした。

わたくし、gajuにご指名いただいたのは
バランスタイプでした。

バランスタイプとは、蜂蜜のような香り、穀物のような香り、焙煎香、、、
といったものでした。
Nespressoブティック表参道にて、エスプレッソについての興味深いセミナーを受け、
クライアントさんとの打ち合わせを終え、熊本へ帰り、
あとは、思うがまま、制作しました。



あまり、作品の説明や、解説みたいな事は、好きではありません。


でも、いま、私が制作を終えての感想を書く機会がありましたので、
ブログに記録しておこうと思いました。





私が作品で一番表現したかった事は
数字でもない、時間でもない、単位をつけることのできない
コーヒーという、芳醇な香り、色、深み、渋みに、、、、
巻き込まれ、引き込まれる、優しい竜巻のような、、そんな時空と世界でした。
トップで、静かにゆったり動く羽は、きっと、その優しい優しい竜巻に巻き込まれるかのように、
刻まれることのない時空に円を描いています。

 視覚的、感触的に、とても魅力的だった、もったりとしたクレマは
長い時間観ていても、愛おしい程で、一つのモチーフとしても、制作しました。

 制作時は、うっかりしていると、小さな虫のようになった私が
作品の張りつめた糸の内側に入り込み、カプセルのブランコや、麦の森や
クレマの棚田で、芳醇な香りに纏われて、その時空をふわふわと遊んでいました。

なんとも、素敵な時間でした。






たくさんの方にご覧いただき、
これからの私の制作活動で、忘れる事はないだろう心に響いた感想や言葉を
たくさんいただきました。

また、
毎回、たくさんの学びがあります。
今回も、たくさんの方のお力添えにより、無事、完了しました。

感謝の気持ちでいっぱいです。

ありがとうございました。

gaju



なんと!作品とNespressoの素敵なマシンが抽選で5名様にプレゼントされるのです!
ぜひ、ご応募ください〜☆


詳しくはこちら↓



by gaju-20020214 | 2015-04-07 20:01


<< FANTANIMA!!2015      新作品 展示のご案内 Nesp... >>